代行サービスの内容

会社設立の為に、税理士に代行サービスを頼んだ際の代行サービスの内容として、定款作成と定款認証、登記申請書作成と登記申請の他にも、似た会社名がないかどうかの確認である類似商号調査、事業目的の適格性についての確認、また各種決議書の作成、就任承諾書の作成、資本金払込証明書の作成、登記簿謄本等、会社設立に必要とされるほとんどの手続きについて代行サービスを利用することができます

印鑑証明書の取得や資本金の払込、書類への押印等は事業主の方がする必要がありますが、全てアドバイスを受けることができますので、それを実行するだけで、計画に沿った会社設立へ導いてもらうことができます。

代行サービスの流れとして、依頼する税理士によって異なりますが、設立前の打ち合わせに始まり、公証人役場での定款認証、法務局での登記申請、設立に伴う届出書の提出等面倒な手続き申請をしてもらうことができます。その他、設立についての借入のアドバイスや、その書類作成等、税理士だからできるサービスや、会社設立後でも分からないことがあればアドバイスを受けたり、設立後にも分からないことがあれば聞くことができるアフターフォローのサービスもあります